« 2009年2月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

10月31日に開園しました!

  10月31日(土曜日)に、開園いたしました。開園をお祝いいただいたような爽やかな秋晴れでした。

Uketuke

 家族連れの皆様や、昨年来ていただいたリピーターの皆様が早くも来園いただいています。料金は今年より改定させていただきました。来園者の皆さんは大変協力的で、ルール違反される方もいませんでした。ありがとうございます。

 入野みかん園の料金やルールについての記事

 入野みかん園のみかんはおくてみかんです。11月半ば過ぎから12月にかけてが食べごろと言われています。でも今の季節のみかんも十分甘く美味しくいただけます。

Mikanyamatenbou Mikan1

 日当たりの良い場所のみかんがより美味しいです。ですので頂上付近のみかんはよく生育して実が多いです。

 みなさまが採ったみかんは駐車している場所まで運びますので。

Inosan

 すべりやすい場所も多くあります。くれぐれも足元にはご注意ください。

 1回といわず何回もご来園ください。お待ち申し上げています。

                入野みかん園 農園主 入野敏郎 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多くの来園者をお待ちしています

 Mikantirashi09

今年は10月31日(土曜日)から開園の入野みかん園。
昨年から農園主の入野敏郎さんからみかん園の管理をまかされている猪野です。

Inokanrini
 
 この入野みかん園。観光みかん園ではありません。したがって「いたせりつくせず」の施設ではありません。したがってみかん狩をされる人は、すべて自己責任であることを入園時に料金を支払うときに注意事項に署名することになっています。趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いします。

 また今年はおいしいみかんをみなさんに味わっていただくために、最低限の1回だけの消毒をしました。除草剤や、殺虫剤や腐り止めなどは使用していません。昆虫類もいますし、雑草も生えています。肥料もやり剪定もしました。美味しいみかんになりました。

 見た目は正直いいものではありませんが、中身はすこぶる美人です。安心してご賞味ください。

 よりみかん園を手入れし、来年以降もみかん園を存在していくために、みかん狩の料金を改正させていただきました。

  入野みかん農園2009年度料金

入園料(大人1人)     300円

小学生(1人)        200円 (保育園児・幼稚園児は無料)

1コンテナー        1200円  となりました。

*連絡先  みかん農園管理人 猪野 090-8691-4649 へ

 (ご来援の皆様へのお願い)

 受付時に料金をお支払いください。そして「誓約書」に署名をいただきます。

 みかん園内をハイキングがてら歩いてください。急勾配や滑りやすい地形がありますので十分にご注意ください。危険を事前に予知し、自己責任で行動してください。

   みかんを入れたコンテナーは、当方で駐車場まで運びます。コンテナは車が通れるようにみかん園内道路の端に置いてください。みかんを取り終わった方は、携帯電話にて連絡ください。

 090-8691-4649 (猪野)です。

 携帯電話をお持ちでない方は受付までお越しください。受付時にお貸ししました当みかん園のハサミとコンテナはお帰り時に返却ください。

 入野みかん園の趣旨と注意事項を画像にしてありますのでご参考ください。

Irininouens Mikanentyui Mikannseiyakusyo

 入野みかん園のチラシと、「誓約書」はPDFファイルにしましたので、おかまいないひとは各自印刷し活用ください。

 入野みかん園チラシ

「irinomikanen-09.pdf」をダウンロード

 入野みかん園「誓約書」

「mikanyamaseiyakusyo.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月31日からみかん園は開園します。

Mikan3_r

 昨年大好評でありました入野みかん農園。今年も10月31日(土曜日)から開園いたします。昨年と異なり、手入れや選定をいたしました。それで価格を改定させていただきました。

  入野みかん農園2009年度料金

入園料(大人1人)     300円

小学生(1人)       200円 (保育・幼稚園児は無料)

1コンテナー        1200円  となりました。

*ご理解をお願いします。

*連絡先  みかん農園管理人 猪野 090-8691-4649 へ

Mikantizu

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年11月 »